自宅の給湯器をエコキュートにしたい!

 

エコキュートを最新式に取り替えたい!

 

安い深夜電力を利用して効率よくお湯を供給してくれる給湯器「エコキュート」の需要が高まっています。

 

新築住宅はもちろん、従来のガスや石油を使った給湯器からの買い替えをされる方や、発売初期に導入したエコキュートが入れ替え時期に来ている方が増えています。

 

そんな皆さんの共通の悩みと言えば、

 

「エコキュートは本体価格が高価で導入に躊躇してしまう」

 

「エコキュートの価格の相場が分からない」

 

「自宅にエコキュートが設置できるかわからない」

 

「信頼できる業者が分からずボッタクられるのが怖い・・・」

 

エコキュートを適正価格で導入したいなら、まずは正しい情報を得ることが先決です!

 

エコキュートの場合は、消費者側の知識不足から悪質業者が横行して法外に高い値段で買わされたという事例もあるので注意が必要です。

 

工事費を含めたエコキュートの適正価格を知るにはどうすればいいか?今はネットで簡単に知ることができます!

 

⇒⇒エコキュートの適正価格を調べる!

 

総合リフォームサイト「リノコ」は、あなたの街のエコキュートの適正価格「商品代+工事費用+保証」をセットにしたコミコミ価格をかんたんに無料見積もりできるリフォームの総合サイトです。

 

これまで手掛けたリフォームの施工実績は累計10,000件以上!

メールアドレスなど2分ほどで入力できる簡単なフォームに入力するだけであなたの住む地域のエコキュートの適正価格を知ることができます。

 

リノコはエコキュート以外の様々なリフォーム工事を手掛けているので、

 

「エコキュート導入を機にお風呂もユニットバスにしたい」

 

「洗面化粧台が古いので一緒に取替をお願いしたい」

 

といった依頼も可能です。

 

ネットでの見積もりの他にも、現場を実際に見てもらってより詳細な見積もりをしてもらうこともできますし、電話で相談しながらの見積もりもでき、いずれも年中無休・無料で対応してくれます。

 

まずはネットの無料見積であなたの街のエコキュートの適正価格を知ることから始めましょう!

 

↓↓エコキュートの適正価格を無料見積する↓↓

 

 

深夜電力の安い電気を利用してお湯を沸かす「エコキュート」新築住宅はもちろん、新たに給湯器を交換する場合にも候補としてエコキュートを検討している方も多いんじゃないでしょうか?

 

果たしてエコキュートは本当にお得なのか?新しく取り付けるのに工事費込みの費用がいくらなのか?今回は、エコキュートの価格の相場についてご紹介したいと思います。

 

これからエコキュートの取付を検討している方には参考にしていただければと思います

 

スポンサーリンク      

 

エコキュートの仕組みは?

 

 

 

そもそも「エコキュート」ってどんな給湯器なのか?ざっくりと仕組みを説明すると、エコキュートとは「家庭用自然冷媒CO2 ヒートポンプ給湯器」といって、空気熱交換器で大気の熱を自然冷媒に吸収させ、さらにヒートポンプで圧縮して高温化し、その熱を水熱交換器で水に伝えることでお湯を沸かすという仕組みの給湯器になります。

 

無害な自然冷媒大気の熱を利用してお湯を沸かすので、環境にやさしいクリーンな給湯器として需要が高まっています。

 

エコキュートを導入するメリット・デメリットは?

 

従来のガス給湯器や石油給湯器、電気温水器に代わって需要が高まっている「エコキュート」は新築住宅はもちろん、従来の給湯器の入れ替えの際に、エコキュートを導入する家庭が増えています。

 

エコキュートを導入すると、どんなメリットがあるのか?また、デメリットはないのか?エコキュートを検討されている方にとって気になる、エコキュートのメリット・デメリットをご紹介します。

 

エコキュートのメリット:ランニングコストが安く、経済的!

 

エコキュートのメリットとして第一に挙げられるのは、「ランニングコストの安さ」です。

 

一般家庭の光熱費の30%が給湯に掛かる費用と言われていますが、割安な夜間電力を利用してお湯を沸かすエコキュートを導入することで、光熱費を大幅に押さえることができます。

 

しかもエコキュートの場合、電気は補助的にしか使わないため、ヒーターでお湯を沸かす従来の電気温水器と比べると電力消費量は約1/3!ガス給湯器と比べると、ランニングコストは約1/4と言われています。

エコキュートのランニングコストは1ヵ月約1000円程度と言われていて、エコキュートを導入する上で、最大のメリットといえます。

 

エコキュートのメリット:火を使わずクリーンで安心・安全

 

燃料をバーナーで燃やしてお湯を沸かす従来のガス給湯器や石油給湯器と違い、エコキュートは火を使わないので、排気の煙や臭い、火災や一酸化炭素中毒の心配がなく安心・安全でクリーンな給湯器と言えます。

エコキュートのメリット:災害時などに役立つ

ガス給湯器や石油給湯器は停電するとお湯を沸かすことができませんが、エコキュートは、貯湯タンクに高温のお湯を貯めているので、停電時にもタンクにお湯が残っている間はお湯を使うことができます。

また、貯湯タンク内の水は、地震などで水道が断水した際、簡単なバルブ操作で取り出すことができ、生活用水として利用することができます。

 

エコキュートのデメリット:初期費用が高い

 

エコキュートのデメリットとしてまず挙げられるのは「初期費用が高い」ということです。ガス給湯器や石油給湯器は安いものなら10万円台からありますが、エコキュートだと給湯専用タイプでも安くて40万円台~と割高になります。

 

さらにエコキュートの場合は、水道工事に加えて電力会社への申請費用や電気工事の費用が掛かるため、工事費を含めた初期費用がどうしても他の給湯器に比べ割高になってしまいます。

 

しかし、最近ではエコキュート本体の価格はかなりお手ごろになってきていますし、自治体によっては高効率給湯器であるエコキュートの導入に対して補助金が出るところもあり、エコキュートは従来よりも導入しやすくなってきています。

 

エコキュートのデメリット:設置スペースが必要

 

エコキュートはお湯を貯めておく貯湯タンクを設置するスペースが必要になるため、ガス給湯器や石油給湯器に比べ「場所をとる」というデメリットがあります。

 

また、設置スペースがあっても、その場所まで貯湯タンクを搬入できるスペースがないと設置できない場合があります。

 

エコキュートに最も適した家庭は?

 

エコキュートは「深夜の安い電力を使ってお湯を沸かす」給湯器なので、エコキュートを使用する場合、電力会社が用意しているエコキュート用の電力プランを使用することになります。

 

しかし、「夜中の電気が安い」というメリットばかりが強調されていますが、実際は「深夜の電気が安い分昼間の電気が割高」な契約になっているので注意が必要です。

 

電力契約を変更すると、エコキュートに使う電力以外もすべて「深夜に安く、昼間に高い」状態になるので、あまり昼間に電気を使いすぎると、エコキュートを使用するメリットが消し飛んでトータルの電気代が上がってしまう恐れがあります。

 

また、エコキュートはお湯を貯めておくタンクの容量が決まっている上に、ほかの給湯器と違ってお湯を沸かすのに時間がかかるので、急激な使用人数の変化には弱いという側面があります。

 

灯油やガス給湯器の場合、お湯は燃料がある限り沸かし続けられますが、エコキュートはタンクのお湯がなくなったら、すぐにはお湯が沸かないのです。

 

従って、エコキュートを使用するうえで最も適した家庭は、

 

・将来的に家族構成が大幅に変わらない

・昼間は仕事や学校でほとんど家にいない(電気を使わない)

 

ということになります。

 

エコキュートの設置を検討する時には、ご家庭の家族構成や、生活スタイルも考慮したうえで検討する必要があります。

 

エコキュートの価格、工事費込みの相場は?

 

エコキュートのカタログ本体価格は、給湯専用やフルオートなどの機能の違いにより、最も一般的な3~5人向けの370Lタイプのもので60万円台~90万円台のものが多いようです。

 

実際にエコキュートを購入して設置する場合は、カタログ本体価格から値引きされ、そこに設置工事の費用がプラスされ、最終的な金額となります。

 

工事費を含めると、エコキュートの価格の相場は、

 

タンク容量 給湯専用 フルオート
370L 45万円~ 55万円~
460L 55万円~ 65万円~
550L 60万円~ 70万円~

 

といった感じです。

 

スポンサーリンク
    

 

エコキュートの工事費込み価格、ネットの安値は本当?

 

しかし、ネットを検索するとエコキュートを工事費込みで驚くような安値で販売しているケースが多く見られます。

 

「エコキュート 工事費込み」で検索すると、驚くような安値でエコキュートが販売されています。

 

⇒⇒楽天市場で「エコキュート 工事費込み」を見てみる

 

おそらく店舗を持たないネット販売のメリットを生かして安値での販売を実現しているのでしょうが、それにしても安いですね。

 

エコキュートの工事費込み価格、追加料金が必要なケースは?

 

しかし基本工事の内容をよく見てみると、電力会社への申請手続きなど、本当に基本的な工事費用は含まれているものの、追加で工事が必要になりそうな項目が多くあるようです。

 

例えば、エコキュートを設置するための基礎工事が必要な場合は追加料金が掛かる場合が多いですし、従来の設置場所にエコキュートが置けず、設置場所が大幅に変わる場合にはその場所までの配管を延長する工事が必要になります。

 

また給湯専用からフルオートの機種に変更する場合には、浴槽に穴を開けて循環アダプターを取り付けるなどの配管工事が必要になります。

 

さらに、設置場所に十分な広さがあっても、エコキュートを搬入する経路が狭い場合には、クレーンによる特殊搬入費用が必要になったり、単相3線式の200V電源が来ていない場合には単相2線式から単相3線式への切り替え工事や分電盤の交換工事など、別途電気工事が必要になってきます。

 

ネットの工事費込み価格は、「エコキュートが簡単に搬入できて、既存の配管がそのまま使える場合」には本当に安値でエコキュートが取り付けられると考えたほうがいいと思います。

 

電気温水器からエコキュートに変更する場合なら、もともと単相200Vの電源がきていますので、簡単に「電気温水器→エコキュート」に変更できるケースが多いですが、石油給湯器やガス給湯器からエコキュートに変更する場合には、注意が必要です。

 

全てとは言いませんが、エコキュートが簡単に「ポン付け」できる現場は非常に少ないんじゃないかとと思いますので、現地見積もりをすることは絶対条件と言えます。

 

エコキュートは工事費も含め、決して安い買い物ではありません。工事をしてから追加料金を取られ「こんなはずじゃなかった・・・」と後悔しないように、必ず複数の業者から見積もりをとってもらい、アドバイスを受けることをおススメします。

 

⇒⇒給湯器の交換を検討しているなら!おススメ業者を比較!

 


 

本日は当ブログの記事をお読みいただき、ありがとうございました。

参考になりましたでしょうか?

 

他にも参考になりそうな【関連記事】をご用意しています。

よろしければ併せてお読みいただければと思います。

 

【関連記事】

 

エコキュートを比較!メーカー別の特徴は?

 

エコキュートが寿命!?買い替え費用の相場や工事内容は?

 

エコキュートの電気代は時間帯が重要!エコキュートの電気代節約術は?

 

また、給湯器の取替や修理をお考えの方、

給湯器をお得に交換する方法についてはこちら!

 

給湯器の交換はどこに頼む?ネットで頼めるおススメの業者は?

 

 

スポンサーリンク