自宅の給湯器をエコキュートにしたい!

 

エコキュートを最新式に取り替えたい!

 

安い深夜電力を利用して効率よくお湯を供給してくれる給湯器「エコキュート」の需要が高まっています。

 

新築住宅はもちろん、従来のガスや石油を使った給湯器からの買い替えをされる方や、発売初期に導入したエコキュートが入れ替え時期に来ている方が増えています。

 

そんな皆さんの共通の悩みと言えば、

 

「エコキュートは本体価格が高価で導入に躊躇してしまう」

 

「エコキュートの価格の相場が分からない」

 

「自宅にエコキュートが設置できるかわからない」

 

「信頼できる業者が分からずボッタクられるのが怖い・・・」

 

エコキュートを適正価格で導入したいなら、まずは正しい情報を得ることが先決です!

 

エコキュートの場合は、消費者側の知識不足から悪質業者が横行して法外に高い値段で買わされたという事例もあるので注意が必要です。

 

工事費を含めたエコキュートの適正価格を知るにはどうすればいいか?今はネットで簡単に知ることができます!

 

⇒⇒エコキュートの適正価格を調べる!

 

総合リフォームサイト「リノコ」は、あなたの街のエコキュートの適正価格「商品代+工事費用+保証」をセットにしたコミコミ価格をかんたんに無料見積もりできるリフォームの総合サイトです。

 

これまで手掛けたリフォームの施工実績は累計10,000件以上!

メールアドレスなど2分ほどで入力できる簡単なフォームに入力するだけであなたの住む地域のエコキュートの適正価格を知ることができます。

 

リノコはエコキュート以外の様々なリフォーム工事を手掛けているので、

 

「エコキュート導入を機にお風呂もユニットバスにしたい」

 

「洗面化粧台が古いので一緒に取替をお願いしたい」

 

といった依頼も可能です。

 

ネットでの見積もりの他にも、現場を実際に見てもらってより詳細な見積もりをしてもらうこともできますし、電話で相談しながらの見積もりもでき、いずれも年中無休・無料で対応してくれます。

 

まずはネットの無料見積であなたの街のエコキュートの適正価格を知ることから始めましょう!

 

↓↓エコキュートの適正価格を無料見積する↓↓

 

温浴効果やリラックス効果のある入浴剤、特に冬場には入浴剤を使って温まる方も多いんじゃないでしょうか。

 

エコキュートで入浴剤を使う場合には追い炊きしないほうがいいという話をよく聞きますが、なぜなんでしょうか?また、エコキュートには使える入浴剤、使えない入浴剤があるようなので注意が必要です。

 

 

エコキュートで入浴剤を使う時は追い炊きしないほうがいい?

 

スポンサーリンク      

 

 

エコキュートで入浴剤を使わないほうがいい理由は、入浴剤の成分が追い炊き配管や循環ポンプ、追い炊き用の熱交換器などを痛める恐れがあるからです。

 


※日立エコキュートカタログより引用

 

エコキュートで追い炊きをすると、浴槽内のお湯を追い炊き配管を通じてエコキュート内部に引き込み、熱交換器でタンク内のお湯の熱を使って沸かし直しします。その際に入浴剤を使っていると入浴剤の一部の成分が不具合を起こしたり金属部分の腐食の原因になったりします。

 

もともと追い炊きの機能がない「給湯専用タイプ」のエコキュートの場合は気にする必要はありませんが、「フルオートタイプ」のエコキュートで入浴剤を使う場合は、追い炊きをしないほうが無難と言えるでしょう。

 

と言っても、せっかくのフルオートタイプのエコキュートなのに追い炊き機能が使えないとなると便利さが半減してしまいます。

 

そこで最近のエコキュートでは各メーカー共、メーカーがテストして問題ないと確認されたものについては入浴剤を使用していても追い炊き機能が使えるようになっています。

 

エコキュートに使える入浴剤は?

 

追い炊き機能が付いたエコキュートで使えない入浴剤の成分をまとめると、

・硫黄成分が含まれるもの・塩化ナトリウム(塩分)が含まれるもの

・炭酸カルシウムで「にごり湯」になるもの

・炭酸ガスにより発泡するもの

・生薬成分を含んだもの

・とろみ成分があるもの

・ミルク成分を含むもの

 

などが挙げられます。

 

逆に言えばこれらの成分が含まれていなければ「エコキュートで使える入浴剤」ということになるのですが、使用する入浴剤がエコキュートに使えるかどうか、これらの成分が含まれていないかを全てチェックするのは難しいですよね。

 

そこでエコキュートに使える入浴剤として、各メーカーがテストした上で推奨している入浴剤があります。

 

こちらの記事でメーカーごとに使える入浴剤をまとめていますので参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク
    

 

エコキュートで入浴剤を使う時の注意点は?

 

メーカーが推奨する入浴剤を使ったとしても、入浴剤を使わない時に比べて追い炊き配管内に汚れが付きやすくなることは確実です。

 

フルオートタイプのエコキュートには、追い炊き配管内に水を流して汚れをきれいにしてくれる「配管洗浄機能」が付いていますので、残り湯を排水する時に必ず配管洗浄を行うようにしましょう。

 

配管洗浄を排水時に自動で行ってくれる機能が付いている場合には、機能をONにしておくと、洗浄のし忘れを防ぐことができます。

 

また、水での配管洗浄だけでは汚れが残る場合には、ジョンソン株式会社の「ジャバ」など、市販の配管洗浄剤を使って追い炊き配管内を洗浄することができます。

 


※ジョンソン株式会社HPより引用

 

浴槽に水を張り、そこに配管洗浄剤を入れて追い炊き配管内を循環させて配管内の汚れを落とす方法です。

 

配管洗浄剤はお風呂の残り湯でも使えるのですが、入浴剤が入った残り湯は使えないので注意しましょう。

 

配管洗浄剤を使った配管の洗浄方法はエコキュートの取扱説明書にも詳しくやり方が載っていますので、参照してください。

 

まとめ

 

追い炊き機能が付いたエコキュートで入浴剤を使う時は、必ずメーカーが推奨する入浴剤を使うことがトラブルを防ぐ上で大切になります。

 

また、追い炊き配管の洗浄をこまめに行うなど、日頃のお手入れが重要です。

 

正しく使えば、エコキュートで追い炊きしてもOK!入浴剤を使ったお風呂が楽しめます。

 

スポンサーリンク
    

 

本日は当ブログの記事をお読みいただき、ありがとうございました。

 

参考になりましたでしょうか?

 

他にも参考になりそうな【関連記事】をご用意しています。

 

よろしければ併せてお読みいただければと思います。

 

エコキュートで入浴剤、コロナの場合は?使える銘柄や注意点まとめ

エコキュートに入浴剤は大丈夫?OKなもの、ダメなものをご紹介

 

また、給湯器の取替や修理をお考えの方、

 

給湯器をお得に交換する方法についてはこちらの記事が参考になればと思います。

 

給湯器の交換はどこに頼む?激安で頼めるおススメの方法とは?