古くなったお風呂を新しくする、より快適なお風呂にするということで、お風呂のリフォームを考えられている方も多いと思います。

 

そこで気になるのが、「お風呂のリフォームにかかる期間はどれくらいなのか?」ということ。

 

リフォーム期間中は自宅のお風呂を使うことができず不便な生活を強いられるので、気になるところですね。

 

そこでこのページではお風呂のリフォームにかかる工期がどれくらいなのか?について解説します。

 

また、お風呂リフォームの工事とはどんなことをするのか?その工事の内容や流れお風呂リフォームをスムーズに進めるための注意点なども合わせてご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク      

 

お風呂リフォームにかかる期間や工事の内容や流れは?

 

 

一口に「お風呂のリフォーム」といってもリフォームする既存のお風呂が「タイル風呂(在来浴室)」なのか「ユニットバス」によって工事の内容が違い、かかる期間も変わってきます。

 

在来浴室(タイル風呂)のリフォームにかかる期間、工事の内容は?

 

昔ながらのタイル風呂(在来浴室)からユニットバスにリフォームする工事の内容、流れは次のようになります。

 

タイル風呂からユニットバスの場合

1.養生作業、既存タイル風呂の解体

2.排水配管立ち上げ、給水・給湯配管、電気配線

3.土間コンクリート基礎工事

4.ユニットバス搬入、組立工事、配管・配線の繋ぎ込み

5.大工・内装工事

6.養生撤去、清掃の上引き渡し

 

タイル風呂からユニットバスへのリフォームの場合、既存の浴槽や壁を解体し、ユニットバスを置くための基礎となる土間コンクリート打ちをして、その後ユニットバスを組み立てるという手順になります。

 

 

長く使ったタイル風呂の場合、上記のように土台や壁の木部に水分が侵入し腐敗していることも多いので、その部分の補修に時間が掛かる場合があります。

 

また、季節やお住いの地域によっては土間コンクリートが乾燥し十分な強度になるまでに時間が掛かることもあり、その場合にはコンクリート打ちからユニットバス組み立てまでに数日置くこともあります。

 

その他、業者によっては不測の事態を想定して予備日を設ける場合もあり、それらを考慮すると、タイル風呂からユニットバスへのリフォームにかかる期間はだいたい6日~10日程度というのが平均的な期間となります。

 

ユニットバスのリフォームにかかる期間・工事の内容は?

 

次にユニットバスからユニットバスへのリフォーム工事の具体的な工事の内容・流れは次のような感じになります。

 

ユニットバスからユニットバスの場合

1.養生作業、既存ユニットバスの解体

2.排水配管立ち上げ、給水・給湯配管、電気配線

3.ユニットバス搬入、組立工事、配管・配線の繋ぎ込み

4.大工・内装工事

5.養生撤去、清掃の上引き渡し

 

タイル風呂からのリフォームと比べると基礎工事が必要ない分、かかる期間は短めとなっています。

 

しかしユニットバスからユニットバスの場合でも、解体してみて補修の必要箇所が見つかったり、予備日を入れたりするとなると、リフォームにかかる期間は大体4~6日は見ておいた方がいいでしょう。

 

お風呂リフォームにかかる期間は前後する?!

 

お風呂のリフォームには様々な業者が関係してきます。水道業者、電気業者、大工、内装業者等々・・・

 

おそらく、全てを自社で行うリフォーム業者は稀で、ほとんどの業者が一部あるいは大半を外注業者との協力でお風呂リフォームを行っているのがほとんどではないでしょうか。

 

その場合、業者間の手配の関係で工期に遅れが出る場合が往々にしてあります。

 

特に年末年始、お盆前などは繁忙期にあたり、職人さんの数が足りないことがあります。

 

できれば繁忙期は避けて職人さんの手配がスムーズにできる時期を選ぶなど、着工から完成まで余裕を持ったスケジュールが組める時期を選ぶことをおススメします。

 

スポンサーリンク
    

 

お風呂リフォーム工事の注意点は?

 

お風呂のリフォームはお家にとっては一大イベントです。お風呂のリフォームをスムーズに行うには事前の下調べや準備が大切になります。リフォームで失敗しないための注意点を以下にまとめました。

 

事前の打ち合わせは十分に行う

 

工事が進んで具体的な形になってくると、最初のイメージと違っていたり、追加したいことが出てきたりと、途中で内容を変更したくなりがちです。

 

しかしリフォームの途中で追加工事や商品の変更などが生じると、工程の変更や商品の再手配などが必要になり、工期の遅れにつながってしまいます。

 

そうならないために、リフォーム工事着工前の業者との打ち合わせは十分に行い、途中で変更にならないよう完成時のイメージを事前にしっかりと固めておきましょう。

 

打ち合わせや見積もりを面倒くさがらず、ユーザーの要望をしっかりと聞いてくれる業者を選ぶことが重要です。

 

また、システムバスを選ぶ際にはカタログだけでは判断せず、メーカーのショールームで実際の浴室の感じを見ておくといいでしょう。

 

 

浴槽の質感や浴室の壁の色合い、水栓器具の使い勝手などカタログの写真では分かりにくいところも実物を見ることで確認することができます。

 

できればリフォーム業者の担当者に同行してもらい、一緒に商品を選ぶことができれば理想的です。

 

近隣住民へのあいさつを済ませておく

 

お風呂リフォームに限った話ではないですが、リフォーム工事では作業中に大きな音が出る場面が多くあります。

 

特に既存のお風呂の解体時には大きな音が出るので、お隣さんなどご近所への配慮が必要です。

 

また、工事期間中はいろいろな工事業者さんが車で出入りするので、駐車スペースの確保も必要になります。

 

場合によっては駐車場をお借りするなどご近所の方に協力をお願いしなければならないかもしれません。

 

お風呂リフォーム工事着工前には必ずご近所へのあいさつ、工事への協力のお願いをしておきましょう。

 

当然のマナーですし、事前に一声かけておくことが無用なご近所トラブルを未然に防ぐことにつながります。

 

近所の銭湯などの情報を調べておく

 

お風呂リフォームの期間中は当然のことながら、お風呂を使うことができません。

 

先ほど紹介した通り、タイル風呂からのリフォームの場合、最短でも6日程度、ユニットバスからでも最短4日ほどは自宅のお風呂が使えないのですから、その間にお風呂を利用できる施設をあらかじめ見つけておきましょう。

 

工程表をもらう

 

リフォーム工事中は、工程を把握することが工事をスムーズに進める上で大切になります。

 

見積の金額と完成予定日だけしか知らず、工程を把握していないと、

 

・工事予定日に業者が行くと、お客さんが留守で業者が外で待ちぼうけ。

・お客さんが工事に来ると思って外出せず一日待っていたがその日は予備日で工事に来なかった・・・。

 

こんな冗談みたいなトラブルが実際に起こっています。

 

そうならないためにも必ず業者から工程表をもらい、工程を把握しておきましょう。

 

【工程表の一例】

 

業者が作成している工程表には、リフォーム工事の着工から完成までに「いつ、どんな工事を行うのか」が詳細に記載されていて工事の流れを把握できるようになっています。

 

毎日の工事の進捗状況を工程表を見ながら確認し、担当者との連絡をこまめにとるよう心がけましょう。

 

まとめ

 

ご紹介したように、お風呂のリフォーム工事は期間を要するものであり、その間はお風呂が使えない、騒音がするなど日常生活に不便が生じることは避けられません。

 

だからこそ、工事がスムーズに進むようにご近所への配慮や業者との連絡をしっかり取るなど、ユーザー側でできることはしっかりとやっておくことが大事です。

 

そしてお風呂リフォームに失敗して後悔しないためには、しっかりとした業者選びが大切です。

 

必ず複数の業者から見積もりをとり、話を聞くようにしましょう。

 

お風呂を最新式にリフォームしたい!こんな不安が・・・

 

お風呂のリフォームに失敗しない、後悔しないリフォームにしたいなら業者選びが大切です。

 

でもお風呂をリフォームしたくても次のような不安を感じる方も多いのではないでしょうか?

 

リフォーム業者を知らない、選び方が分からない

 

一口に、お風呂をリフォームするといっても一体どこに工事を依頼すればいいのか分からない方も多いんじゃないでしょうか。

 

リフォーム工事を行う業者は数多くありますが、費用や工事の質などが千差万別、良心的な業者もあればいわゆる「ボッタクリ価格」の業者もあります。

 

そもそもリフォーム工事はどのくらいの価格が適正価格なのかが分かりにくいので、素人がいいリフォーム業者を選ぶのはなかなか大変そうです。

 

リフォーム業者との打ち合わせ、交渉が不安

 

お風呂リフォームの見積りをしてもらうには、業者の方に実際に来てもらって現場の状況を確認してもらう必要がありますが、専門家である業者さんを相手に自分の要望をうまく伝えられるのか心配ですよね。

 

リフォームの専門知識がないだけに、業者さんの言われるがままになりそうで不安になります。

 

見積りをもらって検討、価格交渉が苦手

 

お風呂のリフォームは決して安い買い物ではありません!

 

できれば複数の業者から見積りをもらって比較検討したいものです。

 

しかし、「見積もりを複数取ればいいのはわかるが、面倒くさいし見積をもらっておいて断るのが気がひける。」という方が多く、1社だけの高いか安いかわからない見積りで仕方なく納得してリフォーム工事を契約してしまう方が意外と多いようです。

 

確かに気持ちはわかりますが、それではボッタクリ価格で工事して後で後悔・・・ということにもなりかねません。

 

このように、お風呂をリフォームするにあたって、ご自分でリフォーム業者を選んで工事をしてもらうのに不安を抱えている方が非常に多いのが分かります。

 

お風呂リフォームの優良業者を選ぶ方法は?

 

お風呂のリフォームで失敗しない、後悔しないために「リフォーム総合サイト」を活用してはいかがでしょう。

 

そこで是非おススメしたいのがリフォーム総合サイト「リノコ」です。

 

「リノコ」はリフォームをしたい私たちユーザーと、全国の優良業者さんとをつないでくれる全国対応のサービスなんです。

 

「リノコ」では、あなたの街のお風呂リフォームの適正価格を簡単に無料見積することができます。

 

「リノコ」のリフォームの安心ポイントは、

 

・累計利用件数が80万件を突破、累計10,000件以上の施工実績

・リノコの厳しい審査を通過した優良業者のみを紹介

・「商品代+工事費用+保証」のコミコミ価格

 

「リノコ」では面倒な価格交渉や業者とのやり取りも専門知識を持ったリフォーム・コンサルタントが年中無休でサポートしてくれるので工事完了まで安心してお任せすることができます。

 

まずはメールアドレスなど、2分ほどで入力できる簡単なフォームに入力するだけで、お住いの地域のお風呂リフォームの相場価格チェック!

 

⇒⇒【お風呂リフォームの相場価格を調べる】

ネット見積もりで相場価格が分かったら、実際にお風呂を見てもらって詳しい見積もりをしてもらうことができます。

 

「リノコ」があなたとリフォーム業者の間に入って、下見の依頼から工事業者の決定、契約、工事の完了までを完全サポート。

 

リフォーム・コンサルタントに納得いくまで要望を伝えて、あなたの理想のお風呂リフォームを実現してください!

 

↓↓リノコでお風呂リフォームの相談をする↓↓

 

スポンサーリンク