ガス給湯器が古くなったり、故障してしまったら給湯器を交換する必要があります。

 

しかし給湯器を交換すると言ってもどこに頼んだらいいのか?適正な価格はいくらなのか?悪徳業者に引っかかりはしないか?工事はきちんとしてもらえるのか?

 

など、給湯器は安いものではないし、安全にも関わるものなので不安は付きませんね。

 

このページでは給湯器を交換する時にはどの業者に頼めばいいのか?良い業者を選ぶためにチェックしたいポイントについてご紹介します。

 

スポンサーリンク      

 

給湯器が交換できる業者は?

 

ガス給湯器を交換を依頼できる業者は大きく分けて

 

「ガス業者」

「給湯器のメーカー」

「給湯器販売業者」

 

になります。

 

ガス給湯器の交換を依頼するにあたってそれぞれメリット、デメリットがあるので順に見ていきましょう。

 

ガス業者に依頼する

 

ガス業者とは、ガスを供給するしている業者のことです。

 

「東京ガス」や「大阪ガス」などの大きなガス会社から、プロパン(LP)ガスを供給している「町のガス屋さん」まで規模は様々ですが、要はガス料金を支払っている業者なので、毎月のガスの明細書を見れば連絡先はすぐにわかると思います。

 

ガス業者に依頼するメリット

 

ガス業者に給湯器交換を依頼する最大のメリットは、「安心感がある」ということです。

 

これまでも利用している業者なので依頼しやすいです。

 

また、ガス給湯器を「リース」という形にして、毎月のガス料金と一緒に支払うことができるガス業者もあり、一度に高額の支払いが難しい方は相談してみるといいかもしれません。

 

デメリット

 

ガス業者はガス料金が主な収益なのに加え、ネームバリューゆえに特に営業しなくても給湯器の交換依頼が入ってくるため、給湯器の価格設定が高めで、交換費用が高額になってしまうケースが多いです。

 

また、先述した「リース」にすると、決められた期間はガスの契約をしなければいけない「縛り」が発生する場合が多いので注意が必要です。

 

ガス給湯器の交換で、とにかく価格重視という方は、ガス業者に依頼するの「要検討」と言った感じです。

 

給湯器メーカーに依頼する

 

ガス給湯器を交換するのに、給湯器本体を製造しているメーカーに交換を依頼するという方法もあります。

 

給湯器本体や給湯器の取扱説明書、メーカーのHPを見れば、「サービスコール」の連絡先が記載されているので、連絡先は簡単に調べることができます。

 

給湯器メーカーに依頼するメリット

 

給湯器メーカーだと誰でも知っている会社なので安心感があります。

 

今使っている給湯器と同一のメーカーに依頼すれば、給湯器の型番を伝えれば、修理が可能な機種なのかや、取り替えに適した給湯器がわかるので話が早いのもメリットです。

 

デメリット

 

給湯器メーカーは基本的に給湯器本体の販売や取付は行っておらず、下請け業者に委託している場合がほとんどです。

 

給湯器メーカーに交換の依頼をした場合は、メーカーからの委託を受けた業者が訪問してきて交換を行うという形になります。

 

従って、どんな業者が訪問してくるのかはメーカー任せになり、こちらが選ぶことはできません。

 

また、当然ですが依頼した給湯器メーカー以外の給湯器に交換することができないので、どんな給湯器に交換するのかという選択肢は狭くなります。

 

メーカーごとに給湯器の性能や機能の違いを見比べて選びたい場合には給湯器メーカーに交換を依頼するのは良い方法ではないということになります。

 

給湯器販売業者に依頼する

 

3つ目の選択肢は、ガス給湯器の販売、取付を専門に行っている給湯器販売業者に交換を依頼するという方法です。

 

給湯器販売業者に依頼するメリット

 

給湯器販売業者は給湯器の販売・取付がメインの業務なので、価格面やアフターサービスなどの業者間の競争が激しいため、給湯器本体価格の大幅値引きや、長期保証などの充実したサービスを受けられる可能性がとても高くなります。

 

業者の数が多いので、いろいろな業者の割引率やアフターサービスの内容を比べることができるので、交換費用を安く抑えたい方は給湯器販売業者に交換を相談したほうが、良い結果を得られることが多いでしょう。

 

また給湯器販売業者なら、各メーカーの給湯器を扱っているので給湯器の選択の幅が広がります。

 

デメリット

 

給湯器販売業者は、その数が多いので信頼できる良い業者を自分の判断で見つけなければならないとデメリットがあります。

 

業者間の競争が激しいので、中には強引な売り込みをしたり、「安かろう悪かろう」なずさんな工事したりする悪徳な業者も中には存在します。

 

電話の問い合わせ時の価格と工事後の請求金額が大幅に違ってトラブルになるケースや、契約したもののいつまでたっても工事に来てくれなかったりするケースも発生しています。

 

給湯器販売業者にはリアル店舗を構えている地元の業者さんから、インターネットで営業展開している業者さんまで様々なので、どの業者さんを選んでいいのか迷ってしまいます。

 

スポンサーリンク
    

 

給湯器の交換、良い業者を選ぶポイントは?

 

では、給湯器を交換してもらうのに、良い業者さんを選ぶためにチェックしたいポイントをまとめてご紹介します。

 

電話対応の良さ

 

業者さんとのやり取りは主に電話で行うようになるのですが、この電話対応の良しあしである程度良い業者かどうかが判断できます。

 

もちろんこれが全ての業者に当てはまるかどうかはわかりませんが、気持ちよく取引を行うためには絶対に必要な基準ではないでしょうか。

 

まずは最初の依頼時の受付の方の電話対応をチェックしましょう。

 

電話受付からの対応スピード

 

給湯器は毎日使うものですから、一日でも早く交換してほしいものです。

 

ですから、給湯器の交換依頼から見積もり、実際の給湯器交換工事まで迅速に対応してくれる業者が良い業者の重要なポイントになります。

 

最初のチェックポイントは電話受付から担当者からの連絡・訪問までのスピードになります。

 

できれば担当者の訪問までは即日対応、遅くとも翌日には対応してほしいものです。

 

ここまでの対応が遅いようでは、その後の見積もり、工事までもスピードのある対応は期待できません。

 

明確な見積もりをしてもらえるか

 

 

担当者が現場を確認して、明確な見積もりを出してもらえるかが次のチェックポイントになります。

 

この見積もりがあいまいだと、工事の後になって思っていた仕上がりと違っていたり、実際の請求金額とに差が出たりしてトラブルになりかねません。

 

金額が適正なものかどうかももちろんですが、工事の内容がしっかり把握できる見積りを出してもらえる、そして担当者が見積もりの内容についてしっかり説明できることが良い業者の条件と言えます。

 

できれば複数の業者で見積りを取りましょう。条件の比較もできますし、相見積(あいみつもり)を嫌がる業者かどうかで、良い業者を見分けるポイントにもなります。

 

アフターサービスや保証の内容

 

給湯器は取り付けてから10年以上使用するものなので、取付後のアフターサービスの有無や、万が一の故障等に対する保証がしっかりとしているのかが、良い業者の条件と言えます。

 

業者さんのホームページをチェックすれば、アフターサービスの内容や交換後の保証の内容を確認することができます。

 

アフターサービスについては、できれば年中無休、土日などでも対応してもらえる業者さんが安心です。

 

保証については、保証してもらえる期間や、給湯器本体に対する保証なのか交換工事の内容に対する保証なのかも確認しておくといいでしょう。

 

スポンサーリンク
    

 

給湯器の交換業者ならどこがおススメ?

 

では、ガス給湯器を交換するのに良い業者はどこなのか?ということになるのですが、ここではおススメのネット業者をご紹介したいと思います。

 

先ほどご紹介した「良い業者」の条件をクリアしているのに加え、給湯器本体の価格が最大で81%オフという価格で交換してくれる業者さんです。

 

対応エリア

関東・・・東京・神奈川・埼玉・千葉

関西・・・兵庫・大阪・京都・奈良・滋賀

 

上記のエリアならば是非次のページをご覧ください。

 

給湯器の交換はどこに頼む?激安で頼めるおススメの方法とは?

 

上記のエリア以外の方や、お住いの地域でガス給湯器の交換業者に心当たりがないという方には、こちらのサイトで調べてみるのがおススメです。

 

必要事項を簡単に入力するだけで、お住いの地域のガス給湯器交換の工事費込みの相場価格を教えてくれますし、最大5社の見積比較ができます。

 

↓↓お住いの地域の給湯器交換業者を探す↓↓