今回の記事は「シャワーヘッドの交換、外れない時やネジが合わない時はどうする?」についてお送りします。

 

最近では、シャワーヘッドも色々な種類のものが売られていてお好みで交換される方が増えています。シャワーヘッドは簡単に交換できるものなのですが、古くて外れなかったり、せっかく買ってきたシャワーヘッドとホースのネジが合わなくて困ってしまう場合があります。

 

今回は、お風呂のシャワーヘッドを交換したいのに外れない、新しいシャワーヘッドを取り付けるのにネジが合わない場合の対処法についてご紹介します。

 

スポンサーリンク      

 

シャワーヘッドの基本的な交換方法は?

 

まずはシャワーヘッドの基本的な交換方法をご紹介します。交換方法と言ってもそんな大げさなものではありません。古いシャワーヘッドを取り外して、用意した新しいシャワーヘッドを取り付けるだけです。

 

シャワーヘッドの取り外し

 

 

シャワーヘッドはホースの先端にねじ込んでいるだけなので、ホースの金具を抑えながらシャワーヘッド部分を反時計回りに回せば外すことができます。

 

ほとんどの場合手で回すだけで外すことができ、道具は必要ありません。

 

シャワーヘッドを外した際に、古いパッキンやOリングなどがホースの金具の中に残ってしまうことがありますので、その場合にはきちんと取り除いてください。

 

シャワーヘッドの取付

 

新しいシャワーヘッドの取付は、取り外しの逆の手順になります。ホース金具に新しいシャワーヘッドを時計回りに手でねじ込みます。

 

 

新しいシャワーヘッドには付属のパッキンやOリングが付いているはずなのでなくさないように取り付けましょう。

 

シャワーヘッドのねじ込み部分は樹脂製のものが多く、斜めにねじ込んでしまうとうまく取付ができないだけでなく、無理にねじ込むと樹脂製のネジが破損してしまう場合があります。

 

ねじ込んでいる途中でうまく入らないと思ったら、無理にねじ込もうとせずいったん取り外してもう一度やり直してください。

 

またあまり強く締めすぎるとOリングやパッキンがねじ切れてしまい、そこから水漏れしてしまうことがありますので注意してください。

 

シャワーヘッドが外れない原因は?

 

シャワーヘッドは本来手で回すだけで簡単に外れるはずなんですが、長く使用したシャワーヘッドだと手で回しても簡単に外れない時があります。

 

シャワーヘッドが外れない時の原因としては、

 

・パッキンやOリングなどの固着・水のカルシウム成分などで固まってしまっている

・取付け時のねじ込み過ぎ

 

などが考えられます。

 

シャワーヘッドが外れない時の対処法は?

 

シャワーヘッドが固くて外れない場合には以下の方法を試してみてください。

 

ゴム手袋をはめて外してみる

 

素手の状態では手が滑ってうまく力が入らない場合があります。シャワーヘッドの水分をよくふきっとった上で台所などで使うゴム手袋をはめてから回してみましょう。ゴムの摩擦力が滑り止めになって力が入りやすくなり、シャワーヘッドを回しやすくなります。

 

ゴム手袋が無い場合には、シャワーヘッドや金具部分に輪ゴムを何本か巻き付けてから回すと滑り止め効果があります。

 

プライヤーを使って回してみる

 

シャワーヘッドを手で固定しながら、ホースの金具部分をプライヤーで掴んで回してみましょう。その際、ホースの金具部分をそのままプライヤーで掴んでしまうと傷がついてしまうので、布を巻いたり、ビニルテープを巻いたりして、傷が付かないようにしましょう。

 

固着部分に振動を与えてみる

 

シャワーヘッドの根本(ホースの金具部分)が固着している場合には、ハンマー等で小刻みに叩いて振動を与えると固着している部分が緩んで外れやすくなる場合があります。

 

振動を与える場合には、シャワーヘッドやホース金具を破損しないように注意しながら行ってください。

 

シャワーヘッドのネジが合わない時はどうする?

 

古いシャワーヘッドを取り外して、いざ新しいシャワーヘッドに交換しようとするとそのままだと取付ができない場合があります。

 

今まで使っていたものと同じメーカーのものであればそのまま取付ができるのですが、今まで使用していたものと違うメーカーのシャワーヘッドだったり、今まで使っていたシャワーのメーカーが不明で汎用品のシャワーヘッドを取り付けようとすると、サイズやネジ山が違っていることがあるんです。

 

そんな場合の対策として、汎用品のシャワーヘッドをほとんどのメーカーのシャワーホースに取付できるようにするアダプターが販売されています。

 

 

 

サイズの合うアダプターを選んでシャワーヘッドとホースの間に割り込ませることで取付ができるようになる訳です。

 

汎用品のシャワーヘッドの中には、いろいろなメーカーのホースに取付できるように、このアダプターが何種類か同梱されているものもあるので、今お使いのシャワーヘッドのメーカーがわからない場合は利用してみてはいかがでしょう。

 

スポンサーリンク
    

 

シャワーヘッドの交換はホースも同時交換がおススメ!

 

シャワーヘッドが古くて交換する場合は、シャワーホースも劣化していたり、ホースの内部が汚れている可能性が高いので、シャワーホースも同時に交換したほうがいいでしょう。

 

シャワーヘッドとホースがセットになったものを購入すればシャワーヘッドとホースの適合は確認する必要がなくて便利です。

 

但しシャワーホースの取付金具にも何種類か規格があるのでホースと蛇口本体との適合を確認する必要があります。

 

メーカー名でも判断できますし、もしメーカーがわからないようなら今ついているホースを外してホームセンター等にもっていくと、店頭に適合を調べる器具が用意されているので実際に合わせてみて、必要であればアダプターを購入することができます。

 

 

 

また、シャワーヘッド・ホース・アダプターがすべてセットになった商品もあるので、そちらを利用すると便利です。

 

シャワーヘッドの交換、「レンタル」という手もあります!

 

交換用のシャワーヘッドには様々な種類のものが販売されていますが、今特に注目されているのが「浄水」機能を持ったシャワーヘッドです。

 

毎日飲む水には浄水器を取り付けて気を使っている方が多いのですが、毎日全身に浴びるシャワーはそのままの水を使っているのはよく考えると変ですよね?

 

毎日浴びているシャワーのお湯(水)が実は髪やお肌を痛める原因になっているとしたらどう思いますか?

 

実は水道水に含まれる「残留塩素」がその原因で、残留塩素はほんの数秒で人体に吸着し髪のキシミや肌のかゆみの原因の一つになっているそうなんです。

 

残留塩素が髪や肌にダメージを!?

 

水道水に含まれている残留塩素が髪に付くと、髪の重要な成分であるキューティクルなどのタンパク質が酸化・分解されてしまい、枝毛、切れ毛、フケ、カユミなどを引き起こす原因となることがあります。

 

また、残留塩素は、肌のタンパク質を酸化させて皮膚の保湿力が低下させる原因になります。保湿力が低下する肌の角質層の配列が乱れてしまいます。その結果、刺激を受けやすくなったり、細菌やアレルゲンの侵入を容易にし、敏感肌やアトピー性皮膚の原因になることがあります。

 

このように水道水に含まれる残留塩素は水道水の衛生面では必要なものなのですが、毎日シャワーで浴びることで髪や肌にダメージを与える原因になっていて、その残留塩素を除去できるシャワーヘッドが注目を集めています。

 

浄水シャワーヘッドをレンタルするメリットは?

 

塩素を除去する「浄水機能」が付いたシャワーヘッドはいろいろな種類がホームセンターなどの店舗や、ネットでも数多く売られていてどれを選んだらいいのか正直迷ってしまいます。

 

⇒⇒楽天市場で「シャワーヘッド 塩素除去」を探してみる

 

実際のお店やネットで浄水機能付きのシャワーヘッドを探してみて感じたのは、

 

・シャワーヘッド本体の価格が意外と高い

・本体の価格が安いものは、取替用のカートリッジが高い

・カートリッジをお店に置いていない。注文だと時間がかかる。

・壊れたり汚れたりしたら買い替えないといけない

・無名のメーカーのものだと効果があるのか疑問が?!

 

安いものならまだしも、価格の高いシャワーヘッドを購入するのは結構リスクが高く感じますね。

 

浄水シャワーヘッドはレンタルできる!

 

そんな塩素除去機能がついた浄水シャワーヘッドですが、実は月々わずかな費用で「レンタル」することができるんです。

 

「美研~biken~(びけん)」の浄水シャワーレンタルなら、髪や素肌を痛める塩素を除去してくれる浄水シャワーヘッドを手軽にレンタルすることができます。

 

一流ブランド品で安心!

 

「美研~biken~」でレンタルできるシャワーヘッドは浄水器ブランドでもおなじみの東レの「トレビーノ」と三菱レイヨンの「クリンスイ」の浄水シャワーヘッドの2種類が選べます。

 

飲料水に使う浄水器でも定評のあるブランドですから、その性能は折り紙付きで、どちらのシャワーヘッドも「日本アトピー協会推薦品」ということで安心して使用できます。

 

取替は簡単で今ついているシャワーヘッドを外して付け替えるだけ!アダプターが付属しているのでほとんどのシャワーに取り付けることができます。

 

レンタルなので便利で経済的!

 

レンタルなので当然、シャワーヘッド本体を購入する必要はありません!もちろんカートリッジもいちいち購入しなくて済みます。

 

定期的に交換が必要なカートリッジですが1個1,000円以上するものもあって節約しようと、ついつい交換時期を過ぎても使ってしまいがちです。

 

また、お店にカートリッジが常時置いてなくていちいち注文して取り寄せしなければならなかったりと、手間がかかってしまうこともあります。

 

レンタルの場合は交換時期になるとカートリッジが定期的に送られてくるのでいちいちお店に買いに行く手間がいりません。交換忘れの心配もなくいつでもきれいなシャワーを使うことができます。

 

そして買取の場合だと、商品の保証期間がありますが、レンタルの場合は、万が一本体が故障したり、破損して使えなくなっても無料で交換してくれるので本体の保証期間は「レンタル期間中はずっと保証期間」!いつまでも安心して使用できます。

 

レンタルシャワーヘッドの料金は?

 

美研~biken~のレンタルシャワーヘッドの月額のレンタル料金はご覧の通りです

 

単身コース(1~2人)用 950円(税別)
家族コース(3~5人)用 1,200円(税別)

 

初回のみ登録手数料が1,500円(税別)掛かりますが、以降掛かる費用はは月々のレンタル費用のみ!カートリッジの交換費用や本体の交換費用、送料も無料です。

 

レンタルをやめる場合には中止の2カ月前に連絡すればOK。カートリッジの交換時期に合わせて解約すれば無駄を防ぐことができます。

 

レンタル料金は1日に換算すればわずか31円~38円!

 

この価格で「トレビーノ」「クリンスイ」の浄水シャワーヘッドで塩素除去した髪やお肌に優しいシャワーを毎日浴びられます!

 

浄水シャワーヘッドは買うよりも「レンタル」するほうがお得かもしれません!

 

↓↓浄水シャワーヘッドをレンタルしてみる!!↓↓


 

まとめ

 

と言う訳で、「シャワーヘッドの交換」についてまとめます。

 

・シャワーヘッドの交換は特別な道具なしで簡単にできます。

・シャワーヘッドが外れにくい場合はゴム手袋や輪ゴムで滑らないようにして外してみる ・プライヤーを使う場合は破損防止、傷付けないように対策する

・シャワーヘッドとシャワーホースは同時交換がおススメ!

・シャワーヘッド・ホースのサイズには数種類ありアダプターで対応する商品が販売されている

 

シャワーヘッドには単に古くなったから交換するという以外にも、交換することで「水圧を上げる」「 塩素除去効果」「マッサージ機能」「手元ストップ」など今までにない機能を追加することができるのでおススメです。

 

シャワーヘッドの交換は決して難しい作業ではないので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

 


 

本日は当ブログの記事をお読みいただき、ありがとうございました。

参考になりましたでしょうか?

 

他にも参考になりそうな【関連記事】をご用意しています。

よろしければ併せてお読みいただければと思います。

 

シャワーの水圧を強くするには?止水栓の調整以外にできることとは?

 

シャワーヘッドの掃除、家事えもんの方法は?【得する人損する人】

 

シャワーヘッド交換は賃貸物件でもOK?シャワーヘッド交換で快適お風呂に!

 

シャワーヘッドが交換できない時の対処法は?

 

また、給湯器の取替や修理をお考えの方、

給湯器をお得に交換する方法についてはこちら!

 

給湯器の交換はどこに頼む?ネットで頼めるおススメの業者は?

 

スポンサーリンク